塾通いで中学受験を乗り越える

昔も今も中学受験戦争は続いています。
受験生を持つ親の多くは塾に通わせ受験に勝って欲しいと願います。何故、塾が大事なのか掲載していきます。

本来であれば、学校の授業を抜かりなく学べば全く問題はないのです。
授業で学んでいない事は受験に出題されないのですから。しかし、学校の授業はクラス全員に対して行われます。そして授業の終盤先生は必ず「解らない人はいるか」と聞きます。

しかし、集団生活を送っている中で一人だけ解らないと手を挙げて聞く事もなかなか勇気がいります。
その結果解らない事を放置したまま次のステップへと進んでしまいこれが繰り返され解らない所だらけになってしまいます。

家に帰って自習しようにもどのように学習したらよいか解らず、また解らないままになってしまいます。これを解決するには塾などに通い、学校では解らなかった事を講師に繰り返し聞き克服する事です。
塾の中には個別指導を取り入れている箇所も増えてきているので、集団では聞きにくかった事もマンツーで気兼ねなく聞く事が出来るので弱点克服に大きく期待出来ます。

中学受験を克服出来ると高校・大学受験も克服出来る自信も身に付いてくるので、自身で弱点を克服出来ない箇所は塾にて徹底して学ぶ事が大切です。