FX 比較をするときには何を重視するか

FX 比較をするときに重視する必要がある事柄は、滑らない実質的なスプレッドです。これは、通常時に表示してあるスプレッドではなく、スリップページが含まれている実質的に約定することが可能なスプレッドのことを意味しています。急なレートの変化にも対応しているかどうかを見極める1つにもなるためです。

FX 比較するなら、手数料やシステムが安定しているかも重要です。また、元々プロとして活躍していた為替トレーダーがマーケットの状況を解説する情報や、電話などでサポートしてくれる体制が整っているかも大切です。一般的に、通貨ペア数が指標の中に含まれる場合が多いのですが、ギャンブル性が高い通貨を選ぶと安定した運用が出来ません。通貨ペア数の多さはFX会社を選ぶポイントにはなりません。

メインのFX会社を選ぶときには、システムトレードやセミナーを行っているかどうか、情報の質などについては大きなFX 比較のポイントにはなりません。しかしサブとして使うFX会社を選ぶときには、これらが大きなポイントになってきます。上級者や中級者の為替トレーダーは、メインのFX会社以外に情報を収集したりシステムトレードを行うためのFX会社の口座を開設していることが多いです。